編集したメッセージ動画をDVD,ブルーレイに焼く方法

お祝い動画を作成している時に後回しにしてて最後慌てたのでメモしておきます。

DVD・Blu-rayプレイヤーで再生させる為に実際にした事をまとめました。

「前置きはいいから書き込む(焼く)方法だけ教えてほしい」という方は「その2」だけを見てください

お祝い動画作成に必要だった事などのまとめはこちら

その1<作成する前に知っておくと良いこと>

(結婚式場で再生出来る)ディスクを作る為に必要なもの

動画編集ソフト(FinalCut, VEGASなど)か

 もしくはオーサリングソフト(プレーヤーで見れるビデオ形式に変換してDVD、Blu-rayに焼く為のソフト)

オーサリングで有名なソフトは「Apple Commpresor(Macのみ)」「Adobe Encore CS6」などです。

※.下記mp4 .movで保存&再生する場合は、オーサリングソフト必要ないです

➡出てくる保存形式
※DVD・Blu-rayビデオ形式にするか
※ .mov.mp4などのデータ形式にするか

※写真で例えるとgif(荒くなる)で保存するかPing(きれい)で保存するかの違いみたいなものです。

①ビデオ形式 の特徴・・・・大体の結婚式場で指定される保存方式

  • ブルーレイ再生プレイヤーで再生出来る
  • 圧縮方式が古いので画質が悪い、圧縮しすぎる

※逆にパソコン・タブレット・スマートフォンだと再生できない場合があります。Macの現行機種は再生ソフトを入れないと再生できません

②.movと.mp4などのデータ形式 の特徴・・・・

  • ブルーレイ再生プレイヤーで再生出来ない(基本的に。再生出来るブルーレイプレイヤーも有るので確認してください)
  • ビデオ形式と比較すると画質が綺麗!
  • オーサリングソフトは要らない

※パソコン・タブレット・スマートフォンでは再生出来るが、一般のブルーレイ再生プレイヤーでは再生できない(注※再生出来るプレーヤーが2014年ぐらいから発売されています)


上記のことから、

●「何で再生するか」(PC?ブルーレイプレーヤー?もしくは.mp4.movが再生できるブルーレイプレーヤー?)

●「画質が綺麗なほうがいいか」

によってディスクに書き込む(焼く)方法が違ってきます。





その2<実際にディスクに書き込む・焼く方法>

☞一般的なブルーレイプレイヤーで再生出来るようにするには ※画質が汚い

※大体の結婚式場で指定される保存方式です。

●●●●WindowsとMac両対応で書き込み出来る動画編集ソフト

Premiere Pro(Encoreを別途ダウンロードが必要) Adobeの公式ページ  Premiere ProのCS6版をダウンロードするとencoreも一緒にダウンロードされます。

➡実際にAdobe Encoreでディスクに書き込んだ簡単な方法を動画にしました こちらをクリック

他には

VEGAS

EDIUSなど

注マイクロソフトのムービーメーカーはもう公式では扱っておりません。ダウンロード出来るサイトが有りますが、マイクロソフトが配布している訳ではないので注意してください

マイクロソフト公式の発表 ムービー メーカーのダウンロード提供は終了しました

●●●Macのみで書き込み出来るソフト(Apple製)

 Final Cut Proを使ってディスクに書き込み

Apple Compressorを使ってディスクに書き込みまとめ

その他Windows、Mac共にフリーのオーサリングソフトが有りますが、自己責任になりますので注意してお使いください。

どれが安全に使えるのか調べるのが面倒なのでフリーソフトは使いません




☞.mov.mp4を再生出来るプレーヤーやPCの場合 ※画質がきれい

再生するのが.mov.mp4などのデータ形式ディスクを再生出来るプレーヤーだったりPCだとビデオ形式に変換する必要が無いのでオーサリングソフトは必要ないです。

①持っている.mov .mp4動画を

②オーサリングソフトでビデオ形式に変換+圧縮

③ドラッグ&ドロップでディスクに書き込む

②の変換+圧縮の必要なし

.mov,.mp4再生可能な Panasonic製プレーヤー。(3万円ぐらい〜)

Blu-rayに動画を入れる時はUSBメモリに写真や動画を入れるのと同じでドラッグアンドドロップで動画を入れれば良いです

※.mov .mp4はビデオ形式に比べて動画ファイルを圧縮しない形式(だから綺麗)

※2015年現在、家にあるプレーヤーの多くは.mov.mp4ファイルを再生出来ません。

※.mov形式はWindows Media Playerで再生出来ます(Windows10で検証済み)

2016.4.19追記 Windows版QuickTimeはAppleのサポートが終了したみたいで使用はオススメ出来ません。すでにダウンロードされた方は、アンインストールして下さい。



ここから下は補足です。

以前と違ってディスクが安くなったり、容量が100GBを超えるブルーレイディスクもあるので(BDXL) プレーヤーが.movに対応してくれたらこんな事気にしなくても良いのに… と思ったら有りました。商品リンクはこちらPanasonic

スクリーンショット 2015-02-07 21.46.00

ビデオ形式(2015年現在の規格)より綺麗な.mov .mp4ファイル形式を「そのまま」再生するプレーヤーが普及していけば、 ビデオ形式は使わなくなっていくと思います。

ブルーレイビデオ形式……2000年頃の規格(フルHD時代)

DVDビデオ形式……………1990年代頃の規格(ブラウン管テレビ時代)




綺麗な画質にこだわるなら「ビデオ形式でのディスク書き込み」は使わずに、.mp4 .mov のままディスクに書き出した方が良いです。PCでは普通に見れるので。プレイヤーだと再生出来るプレーヤーが必要ですが…

結局Blu-rayディスクの容量に「余裕」があっても、「決められたBlu-rayビデオ方式の圧縮」を行なう為どうしても画質が落ちるみたいです。

わたしの環境(Finalcut,Compressor)の場合35GBのBlu-rayディスクで保存容量に余裕が有るのに、
5GBの動画ファイル(.mov)が ビデオ形式で焼いた後170MB(Blu-ray)
「1/30」にファイルサイズが小さくなりました。 5GBのまま焼いてくれれば良いのに… ディスク容量35GBの内34GB近くが無駄に。


焼く為のドライブは 再生のソフトが付かない安い物でも、書き出しができるドライブならディスクに焼いたり、.mov.mp4の再生は出来るので安い物で大丈夫です。

(Mac対応と書いてない商品が多いですが、大体使えるみたいです【一応確認を】。ネットで買う場合は、レビュー欄などに「Macで使えた!」と書いてある物であれば、ほぼ間違いないです。)

私が使っているBlu-rayドライブはビデオ形式の再生はしなくても良かったので 「再生ソフトの付いていない」下記リンクのアイ・オーデータのBD-U6XLです。 Mac対応と書いてなくても、レビューで使えたと有ったのでこちらにしました。

【※追記】ちょっと古くなったせいなのか、なぜか高くなっているので安いやつをお探しください(対応と書いてなくても使えてますよという例としてリンクは残しています)

<商品リンク>

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 thoughts on “編集したメッセージ動画をDVD,ブルーレイに焼く方法”